VMware Workstation 11 から 12 へアップグレードできない

VMware Workstation 11 から 12 へアップグレードできない

Category:雑記Tags:
この記事のまとめ
症状
VMware Workstation 12 へのアップグレードで tools-xxxxx.msi が見つからない旨のエラーメッセージが表示され、アップグレードが中断されます。
対処
インストールが失敗した tools-xxxxx.msi のレジストリを削除した上でアップグレードを行いました。

クロスブラウザチェックで私が大変にお世話になっている VMware Workstation。
メインPCが Windows7 の時から VMware Workstation 9 をインストール、アップグレードを繰り返して VMware Workstation 11 を使用していました。
その間にメインPCも Windows7 から Windows10 にアップグレードしました。

 

最近、VMware Workstation 11 が正式版の Windows10 に正式対応しておらず 12 で正式に Windows10 に対応した事に気付いたので、今回も楽勝でアップグレードできるでしょ?程度の軽い気持ちで VMware Workstation 11 から 12 へのアップデートをしたら地獄への扉が開いたので、その時の対応内容をメモいたしました。

症状 tools-xxxxx.msi が見つかりません

公式サイトから VMware Workstation Pro 12.1.0 for Windows をダウンロードして実行。
はじめは何事も無くインストールが実行されます。
vmware01-min

 

インストールの途中で VMware Workstation 11 を削除するスッテップがあるようですが、削除の途中でインストーラーから tools-freebsd.msi が見つからないのでそのパスを教えて欲しい旨を伝えるメッセージボックスが表示されます。
vmware02-min

 

PCの中を探しても見つからず、 公式サイトでVMware Tools のインストーラーを探しても見つからず。
(‘A`)俺ハ井上陽水カ
結局パスの指定をキャンセルするしかないのですが、キャンセルするとアップグレード自体が中断されます。
vmware03-min

 

削除がどこまで行われたのか不明ですがもう後戻りはできません。。。
vmware04-min
(‘A`)今日モ元気ニハマリ中

12 へのアップグレードがダメなら 11 を再インストールすればいいじゃない

じゃぁ、VMware Workstation 11 を再インストールしてからアップグレードすれば何とかなるんじゃね?ヒャッハーと喜び勇んでVMware Workstation 11 のインストーラーをダウンロードして
vmware05-min-min

 

VMware Workstation 11 のインストーラーから修復を選んで実行をすると、、、
vmware06-min
MSI?????(文字化け)で複数回エラーのメッセージボックスが表示されますが、修復は中断される事なく完了します。
(‘A`)言葉ニナラナイ
MSI?????(文字化け)のエラーメッセージは以下のツールのインストール時に表示されました。

  • tools-freebsd
  • tools-linux
  • tools-netware
  • tools-solaris
  • tools-windows
  • tools-winpre2k

 

VMware Workstation 11 の再インストールの時点で失敗しているので当たり前と言えばそれまでですが、11 再インストールからの 12 へのアップグレードについては、アップグレード中に tools-freebsd.msi が見つからない旨のエラーが発生し解消される事はありませんでした。

 

VMware Workstation 11 をアンインストールしてから 12 のインストールもやってみましたが、この状態でも tools-freebsd.msi が見つからない旨のエラーが発生し、インストールが中断されました。
11 をアンインストールしても tools-freebsd.msi の情報が残っているという事は問題はレジストリにあると当りをつけました。

解決方法

レジストリに当りをつけたけど、実際にどのレジストリを操作すればいいのか?が解らないので、調べてみたら、「IT x Diary」様のブログの記事を発見、どこにレジストリキーが有るかが分かりました。

 

後は何を削除するか?だけ解ればクリアできるハズと言う訳で作業開始です。
Cortana に 「cmd」と入力してコマンドプロンプトを起動。
vmware07-min

 

コマンドプロンプトに「regedit」と入力してレジストリエディタを起動。
vmware08-min

 

レジストリエディタで下記の場所を開いて「編集(E)」 → 「検索(F)」で tools-freebsd を検索。

HKEY_LOCAL_MACHINE → SOFTWARE → Classes → Installer

 

見つかった値のフォルダを右クリックして「削除(D)」。
vmware09-min

 

ここで、VMware Workstation のアップグレードを試してみると確かに tools-freebsd.msi が見つからない件のエラーは発生しなくなりました。
但し、新たに tools-linux.msi が見つからない件でエラーが発生し、アップグレードが中断されました。

 

以下同様に tools-xxxx が見つからないエラーが発生したら、そのレジストリキーを削除してアップグレードの再実施の作業を繰り返したところ、下記のレジストリキーを削除した時点でアップグレードが完了しました。

  • tools-freebsd
  • tools-linux
  • tools-netware
  • tools-solaris
  • tools-windows
  • tools-winpre2k

(‘A`) 11 デインストール失敗シタツール全部ダネ
vmware10-min

 

ゲストOSも無事起動しました。
vmware11-min

 

「IT x Diary」様に感謝!
(‘A`)再ビクロスブラウザチェックモデキルヨウニナリマシタ

スポンサーリンク

コメント (0)

コメントをどうぞ

注意プライバシーポリシーに同意の上で送信ください。

注意お名前は公開されます。
補足メールアドレスは公開されません。

関連記事

CakePHP3の環境構築 Amazon Linux編

CakePHP3の環境構築 Amazon Linux編

Category:雑記Tags:,

この記事のまとめ 症状1 composer で intl extension を要求されます。 対処1 yum で使用している PHP のバージョンにあった intl extension をインストールしました。 症状2…