Nephila clavata (絡新婦)をWindows + VertrigoServ環境で動作させる

Nephila clavata (絡新婦)をWindows + VertrigoServ環境で動作させる

Category:雑記Tags:,

WordPress のメディアでアップロードしたファイルを Amazon Web Services の S3 にアップしたい。

そんな時に「Nephila clavata (絡新婦)」なるステキなプラグインを見つけました。

で、まずはVertrigoServのローカルで動作確認しようと思いついた所、VertrigoServの設定で軽くハマりました。

症状

ファイルアップロード後に以下のエラーが発生しました。

Fatal error: Class 'FInfo' not found in [Path to WordPress]\wp-content\plugins\nephila-clavata\includes\class-S3_helper.php on line 188

解決方法

Google先生にお伺いを立てた所、「php_fileinfo.dll」が無効になっているとの事。
で[Path to VertrigoServ]\Php\php.ini を確認すると確かにモジュールの読み込み部分がコメントアウトされていたので、読み込みを有効してVertrigoServを再起動。楽勝!

extension=php_fileinfo.dll

warning

( ゚д゚)アライヤダ
VertrigoServにphp_fileinfo.dllが同梱されておりませんでした。

次にphp_fileinfo.dllをphp本家のThread Safe版より拝借し、php-5.3.27-Win32-VC9-x86\ext\php_fileinfo.dllを [Path To VertrigoServ]\Php\ext 配下に設置してからVertrigoServを再起動。

It works!

ウゴ( ゚д゚)イタヨ
以上でVertrigoServ側の設定が無事完了しました。

備考

CloudBerry Explorer経由で1oMとかのファイルをS3へアップロードすると分りますが、アップロード完了まで時間がかかります。

その為、サイズの大きいファイルのアップロード中に[Path To VertrigoServ]\Php\php.iniで指定している max_execution_time を超えると以下のエラーが発生します。

Fatal error: Maximum execution time of XX seconds exceeded

適時max_execution_timeの値を変えて対応すればいいかなって感じです。

で、肝心のNephila clavata (絡新婦)からのアップロードもWindows + VertrigoServ環境で問題無く動作しております。
こちらのプラグインの設定で一切ハマっていないし、安定して動いている感じでNephila clavata (絡新婦)、素晴らしいプラグインだと思います!

スポンサーリンク

コメント (0)

コメントをどうぞ

注意プライバシーポリシーに同意の上で送信ください。

注意お名前は公開されます。
補足メールアドレスは公開されません。

関連記事

CakePHP3の環境構築 Amazon Linux編

CakePHP3の環境構築 Amazon Linux編

Category:雑記Tags:,

この記事のまとめ 症状1 composer で intl extension を要求されます。 対処1 yum で使用している PHP のバージョンにあった intl extension をインストールしました。 症状2…